旅と健康の科学-次代のヘルスケア産業の創造

ウェルネスツーリズムとは

  • HOME »
  • ウェルネスツーリズムとは

ウェルネスツーリズムとは

ウェルネスツーリズムとは、旅先でのスパ、ヨガ、瞑想、フィットネス、ヘルシー食、レクリエーションなどを通して、心と体の健康を保ち、より健康に、美しく、輝く人生とする旅のことです。

ウェルネスツーリズムとは何か

Global Spa & Wellness Summit(2013)の発表資料によると、現在世界中で行われているウェルネスツーリズムのほぼ半数(47%)はスパツーリズムであるという統計があります。ウェルネスツーリズムの多くがスパツーリズムであることを紹介した研究者がこれまで日本にいなかったため、こうした事実は我が国では知られていません。
実際にウェルネスツーリズムをうたい催行している旅行をみると、食、運動、保養、温泉、スパ(SPA)、スポーツ、レクリエーションや文化的活動、相補代替療法から西洋医療の一部に至るまで様々なプログラムが提供されています。
Wolfgang Nら(2004)によると、治療といった医療色の強いものから、健康増進、リラクゼーション、食事(養生法)、運動、美容などで構成したツーリズムとしています。ウェルネスの様々な解釈を基に構成すれば、扱う範囲はおのずと広くなっていくものでしょう。

*スパツーリズムについてはメニュー「SPA・スパマネジメント論」を参照

ウェルネスツーリズムの起源は、スパ、温泉、巡礼の旅

ウェルネスツーリズムの多くはスパツーリズムであり、海外では同義語として使われるケースが多くみられます。
このことから、ウェルネスツーリズムの起源のひとつには、紀元前、古代ローマの戦士達の傷や病気の治療に効果的な温泉入浴(スパ)、郊外に展開した公衆浴場への旅に遡ることができます。
中世に入ると温泉の医学的効果の検証が進み、18世紀頃には王侯貴族の高級保養地への滞在や都市形成のテーマとして発展を遂げていきました。
わが国では、温泉湯治への旅を起源に、『古事記』『日本書紀』のなかに、貴族を中心に病気の治癒、療養に温泉湯治を用いていた記述がみられます。
江戸時代には祈願や参詣、名所巡りと湯治をセットにした娯楽観光へ転化していき、庶民へと広がっていきました(図1)。

図1.ウェルネスツーリズムの歴史図1.ウェルネスツーリズムの歴史

ウェルネスツーリズム~サードプレイスへの旅~
荒川 雅志 著 NPO日本スパ振興協会 編著
フレグランスジャーナル社(2017)より

ウェルネスは心の癒し、魂の癒しを求める生き方です。
このことから聖地を目指す「巡礼」もまたウェルネスツーリズムの起源といえましょう。巡礼は世界各地にみられる宗教的行動で、聖なるものに接近し、魂の安寧、癒しを得るものです。交通が発達していない古代では、数年をかけて聖地を目指す旅となり、時には命を落す危険を伴いながら、人生の一部に組み込まれたものでありました。キリスト教の三大聖地であるローマ(バチカン)、エルサレム、サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼、イスラム教ではメッカへの巡礼、ヒンドゥー教徒にとってはガンジス川、ヒマラヤという大自然そのものが聖なる目的地である例もあります。
わが国でも、伊勢神社、出雲大社、熊野三山、四国八十八ヶ所の遍路の旅など由緒ある神社や聖なる地を巡る旅があります。
雄大な自然、人類の営みの歴史で特別な意味を持つ土地を訪れることは、心身を、魂を癒すとともに、内なる自分と向き合う時間、それは「原点回帰」、「悟り」を得る機会ともなるでしょう。過去、現在と向き合い、未来の生き方をデザインするための大切なひとときを過ごす旅となるでしょう。
現代のウェルネスツーリズムとは、古きと新しきが融合し、時代の要請のもとに登場した最新の積極的休養法、養生法のひとつともいえます。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼の旅、SPA(島すぱ@パシフィックホスピタリティグループ)、日本の温泉写真左よりサンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼の旅、SPA(島すぱ@パシフィックホスピタリティグループ)、日本の温泉

日本型のウェルネスツーリズムを追求する
世界へ通用するジャパンブランドウェルネスとは

ウェルネスはヘルス(健康)を包含し、ウェルネス産業は健康への前向きなビジネスとしてヘルスケア市場を包含し、より広範なライススタイル市場を巻き込み、より美しく、人生を豊かに彩りたい需要の本命として成長は時代の必然でしょう。
そのなかでも特に旅行形態をとる分野、すなわちウェルネスツーリズムの伸びが著しいことが各種調査で明らかになっています。グローバルウェルネスインスティチュート(GWI)の調査では、2015年には世界中で6億9,000万人の人々がウェルネスツーリズムに参加し、全世界の旅行収入の15.6%をウェルネスツーリズムが占めていると報告しています。一般の観光者に比べ旅行支出額は159%と高く、経済波及効果は1.5兆ドルと大きく、雇用効果は3,280万人分に相当することが試算されています。

ウェルネスツーリズムは、多様化する顧客ニーズに、多業種、多職種、異業種の専門人材のアライアンスのもとに高い顧客満足度を実現する、高付加価値型の観光でもあります。
ウェルネスツーリズムが今後もっとも成長著しい観光形態である予測があるなかでは、わが国も当然注力していくべきであろうし、量の時代から「個」または「質」に転換しつつある時代への対応に、ウェルネスツーリズムの推進は極めて理に適っています。
そうしたなか、日本のウェルネスの独自性を議論し、他の国々には真似のできないものを提供する必要があるでしょう。日本が世界に対して優位に提供しうる価値とは一体何でしょうか。

世界保健機関(WHO)が2015年に発表した統計によると、世界一の長寿国は日本でありました(83.7歳:男女平均、表1)。
しかも統計開始以来20年間世界一の座を守り続ける国であり、日本の長寿とは、まちがいなく世界に誇るブランドとなり得ます。
世界のウェルネス市場において優位な競争力を獲得できるのは、この長寿世界一という事実を大いに活かした、“ジャパンウェルネス”を確立すること、それらをツーリズムという“船”にのせて発信することではないでしょうか。

四季、温泉、海、固有の食と和の伝統文化、健康長寿の知恵との融合

タイのリゾート地ホアヒンにある、“安寧の隠れ家”を意味する「チバソム」は、ワールドベスト・ディスティネーションスパ受賞をはじめ、世界のスパアワードの受賞歴は数えきれず、トラベル関連のランキングでも毎年上位にランクされているウェルネス・ディスティネーションです。たとえば、果たしてこれに太刀打ちできるものが日本に創ることができるでしょうか。その答えは、“イエス”です。
人々を惹きつけるディスティネーションの4条件には、「気候」、「自然」、「食」、「文化」があります(図2)。わが国は温帯で穏やかな気候に恵まれ、四季折々の美しい自然と情緒に溢れ、四方を海で囲まれた島嶼の多様性を育み、源泉数28,000を超える世界有数の温泉資源、地域固有の食材を有し、世界無形文化遺産に登録された和食は今や世界共通語「WASHOKU」となり、発酵技術(HAKKO)は海外の一流シェフ達に高く評価されています。独自の伝統文化を醸成してきた優れたディスティネーションの潜在条件を見事に備えているのです。

海外では温泉は“Hot Spring”、あるいは“Spa”と表記されますが、“ONSEN(温泉)”と呼ばれて日本固有のスパであるという認識もされつつあります。わが国は温泉地数3,155ヵ所と世界一の温泉大国であり(環境省、2015 年度)、古来より温泉を重要な保養と健康医療の資源として活かしてきました。海外スパとの差別化戦略の観点でも日本の温泉文化は強力なキラーコンテンツになり得ます。日本の温泉医学研究は世界をリードしており、温浴と効能の機能的価値、温泉にまつわるエピソードといった情緒的価値を織り込んでいけば、日本型ウェルネスツーリズム・コンテンツの主軸となるのは間違いないと考えられます。

図2.人々を惹きつけるディスティネーションの4条件図2.人々を惹きつけるディスティネーションの4条件

ウェルネスツーリズム~サードプレイスへの旅~
荒川 雅志 著 NPO日本スパ振興協会 編著
フレグランスジャーナル社(2017)より

 

ウェルネスの3拍子戦略~素材に新しい価値を生み出すこと~

観光立国を目指すのもいいですが、観光のその先、人生の目的地となり、何度でも訪れる国となれるようには、観光資源としての観点から“ウェルネス資源”として創造力を駆使して掘り起こさなければ、資源は資源のまま、ただそこにあるのみです。次代のライフスタイル志向者に受容されるための創造力が今、わたしたちには求められています。

図4.(沖縄)機能性食品の三拍子戦略図3.(沖縄県)機能性食品の三拍子戦略

日本のウェルネスツーリズムが世界市場に参入し優位な競争力を獲得するためには、強力なブランドを確立する必要があります。沖縄県が進める健康食品産業の例ですが、価値ある模倣困難性を高める沖縄産機能性食品の競争力のために、「安全安心価値」、「機能的価値」に、沖縄ならではの「情緒的要素」を価値として活かす「三拍子戦略」(図3)を、沖縄ブランドを確立する戦略として策定しました。
日本のウェルネスツーリズムもこの三拍子戦略を参考に、施設・原料の衛生管理、技術の高さなど日本の強みでもある「安全・安心価値」、素材・商材のエビデンスなど「機能的価値」、素材の由来、提供者の想い、ストーリーなど「情緒的価値」を基盤に、日本独自の素材との出会い、長寿と紐づけられるエクスペリエンス(体験)を創造すれば、世界的なウェルネス・ディスティネーションが全国津々浦々に誕生するものと確信しています(図4)。

図4.長寿の知恵に触れる旅―JAPANウェルネスツーリズム図4.長寿の知恵に触れる旅―JAPANウェルネスツーリズム

ウェルネスツーリズム~サードプレイスへの旅~
荒川 雅志 著 NPO日本スパ振興協会 編著
フレグランスジャーナル社(2017)より

原点回帰という場の提供・価値創造

長寿にまつわるウェルネス資源は、現代社会が抱える課題解決の資源にもなり得ます。
近年では、メタボリックシンドローム対策とともに、企業のメンタルヘルス対策が喫緊の課題となってきていますが、筆者らは、企業社員のメンタルヘルスや生産性向上に寄与するウェルネスツーリズムを沖縄で開発中であります(イーストホームタウン沖縄(株)との共同開発)。
地域の精神風土、伝統文化を“ウェルネス資源”と捉えて、人も含めた地域交流資源に触れ心身ともにリフレッシュするとともに、自己を分析し、身の周りの環境、人間関係を見つめ直すきっかけとなる「原点回帰プログラム」を開発しています(図5)。
ウェルネスツーリズムには、心身の癒しはもとより、ふと立ち止まり自分を見つめ直す場所、「原点回帰」という価値も提供することができるでしょう。
慌ただしい高度情報社会、競争社会に忙殺される現代人に日本固有の資源を総動員して、日本的ライフスタイルをウェルネス資源として、原点回帰という価値をのせて発信する。日本のウェルネスツーリズムにはそのような使命すらあるのではないかと考えています。

図5.あらゆる地域資源が「ウェルネス資源」、そして「原点回帰資源」へ~沖縄を例に~図5.地域資源が「ウェルネス資源」、そして「原点回帰資源」へ
~沖縄を例に~

ウェルネスツーリズム~サードプレイスへの旅~
荒川 雅志 著 NPO日本スパ振興協会 編著
フレグランスジャーナル社(2017)より

ウェルネス・サードプレイスへの旅

米国の社会学者レイ・オルデンバーグは、現代人には、自宅(ファーストプレイス)と、職場や学校(セカンドプレイス)に加え、第3の場所、“サードプレイス”が必要であると提唱しています。
仕事場は緊張に満ち、落ち着く場所ではない。
本来落ち着く場所であるはずの自宅もそうではなくなっている。
サードプレイスとは、快適でゆったりと脱力できる、癒される場所でありながら、ほどよい刺激があり、自己開発のできる場所であります。
慌ただしい高度情報社会、ストレス社会に生きる現代人には日常をリセットする時間、本来の自分を取り戻す場所が必要不可欠と考えられます。
サードプレイス理論は、身近な生活圏に自分なりのサードプレイスを求める考え方ですが、ツーリズムを研究する私たちは、生活圏とは離れた地に身を置き、しかしそこは非日常ではなく「日常の延長」として、心身ともに癒され、新しい発見と刺激、自己開発の場、すなわち豊かな人生ウェルネスを手に入れる場である、ウェルネス・サードプレイスを提唱します(図6)。

図6.ウェルネス・サードプレイスへの旅図6.ウェルネス・サードプレイスへの旅

ウェルネスツーリズム~サードプレイスへの旅~
荒川 雅志 著 NPO日本スパ振興協会 編著
フレグランスジャーナル社(2017)より

ウェルネスツーリズムとは
~自分に還る旅、そして、何度も帰ってくる旅~

ウェルネスツーリズムとは一般的に「旅先でのスパ、ヨガ、瞑想、フィットネス、ヘルシー食、レクリエーションなどを通して、心と体の健康を保ち、より健康に、美しく、豊かな人生とする旅」と定義されていますが、世界的な健康志向の高まりとともに、JAPANウェルネスが日本の大きな誘引力になる時代がまもなく到来することでありましょう。そのとき、旅は「非日常」であるという観光学の概念から、健康は「日常」であり、ウェルネスツーリズムは心身の点検・リセット、「日常の延長」への転地という新しい視点と新しい旅の提案の可能性がみえてきます。
忙しい日々にふと立ち止まり、ウェルネス・ディスティネーションで体の芯から疲れを取り除き、また忙しい日常に帰っていく。
そこはもはや単なる観光地ではなく、本来の自分に還る場所への転地、そして、何度も帰ってくるべき大切な地となるのです。
人々の人生に寄り添い、人生に組み込まれていく価値を提供できることはまた、目指すべきひとつのゴールであると考えています。

世界に提案する日本の次代の観光とは、日本のウェルネスツーリズムとは、日本の豊かな自然、温泉、海、固有の食と和の伝統文化、健康長寿の知恵との融合に溢れるウェルネスアイテムで、心と体のバランス調整を図り、豊かで創造的な人生のアクセントとなる旅。新しい発見と自己開発、ふと立ち止まれ自分を見つめ直す「原点回帰」、本来の自分に「還る」旅。人々のライフスタイル、人生に組み込まれ、また何度も帰ってくる旅という、高次元のニーズを提供しうるものでありたいものです(図7)。

  • 「日常の延長」、である保養地での溢れるウェルネスプログラムで心と体のバランス調整を図り、豊かで創造的な人生のアクセントとなる旅。
  • 物質的豊かさから心の豊かさ、人生の豊かさに価値がシフトし、健康は人生を豊かにする「資本」であることに気づく旅。
  • 健康長寿の資源と知恵に触れ、味わい体験し、新しい発見と自己開発、そして本来の自分に「還る」旅。
  • 人々のライフスタイル、人生に組み込まれ、また必ず帰ってくる旅。

図7.人々のライフスタイル・人生に組み込まれ、何度も帰ってくる旅 ウェルネスツーリズム図7.人々のライフスタイル・人生に組み込まれ、何度も帰ってくる旅 ウェルネスツーリズム

ウェルネスツーリズム~サードプレイスへの旅~
荒川 雅志 著 NPO日本スパ振興協会 編著
フレグランスジャーナル社(2017)より

現代人に必要なウェルネス×ツーリズム

次代のライフスタイル志向層は、都市圏の利便恩恵を享受しつつ、日常のなかで健康に配慮したライフスタイルを一部実践しています。一方で、日々の心身の疲れを芯から取り除き、完全なリセットを図るには、時に日常を離れ、積極的な休養、働きかけを行う保養が根本的な改善を図る手段として必要となってきています。ツーリズムの本質とは、保養、魂の癒しを求める旅であり、その点においてウェルネスとはもとより親和性が極めて高いものであります。

ウェルネスツーリズムとは、現代人に必要な、ウェルネス要素にあふれたプログラムを享受する場、ウェルネス・サードプレイスへの転地であり、旅を通じて、健康を基盤としたライフスタイルを総合的にデザインしていくための有効な手法のひとつと位置づけられていくことでありましょう。
訪れる人々が日本の美と健康の資源に癒され、提供する私たち日本人もまたその価値に改めて気づく。

この新しいツーリズムが、日本の国を美しく、提供する国民も健康に、日本を牽引する時代が到来することを期待しています。

ウェルネスツーリズム~サードプレイスへの旅~
荒川 雅志 著
NPO日本スパ振興協会 編著
フレグランスジャーナル社(2017)より抜粋

荒川 雅志 Masashi ARAKAWA
国立大学法人琉球大学
国際地域創造学部
ウェルネス研究分野 教授 医学博士

参考文献

  • Arakawa M, et al(2015). Health Tourism in Japan. 3rd Annual Conference Proceedings Asia Pacific Chapter, Travel and Tourism Research Association (TTRA), 100-101.
  • 荒川雅志(2010). スパセラピーのエビデンス~ヘルスツーリズム振興に向けた学術基盤整備~, 観光科学, 2:47-62.
  • 荒川雅志(2015). 日本再興戦略における日本型ヘルスツーリズムの再構成、メンタルヘルスツーリズムの展開, 観光研究, 27(1):18-23.
  • 荒川雅志(2015). なぜ海は体にいいのか?〜海洋療法と観光の融合をどう図る〜, KAIUN: 海運 1053: 77-80.
  • Paul Zane Pilzer(2003) The wellness revolution : how to make a fortune in the next trillion dollar industry. Wiley & Sons.
  • Paul H. Ray, Sherry Ruth Anderson(2000). The cultural creatives : how 50 million people are changing the world. Three Rivers Press.
  • Oldenburg, Ray (1991). The Great Good Place. New York: Marlowe & Company.
  • ポール・ゼイン・ピルツァー(2003). 健康ビジネスで成功を手に入れる方法, 英知出版
  • 木村靖夫(1999). 21世紀の健康学―ウェルネス・ライフのすすめ―, 東洋書店.
  • 観光立国推進基本計画(2007)(平成19年6月 閣議決定)
  • 日本観光協会(2007). ヘルスツーリズムの推進に向けて―ヘルスツーリズムに関する調査報告書―, 社団法人日本観光協会.
  • 日本経済再生本部(2016). 日本再興戦略2016 ―第4次産業革命に向けて―.
  • 環境省自然環境整備担当参事官室平成27 年度温泉利用状況
  • Patricia Erfurt-Cooper and Malcolm Cooper(2009). Health and wellness tourism: spas and hot springs, Channel View Publications.
  • Melanie Smith and László Puczkó(2009). Health and wellness tourism, Butterworth-Heinemann.
  • Becheri(1989). From Thermalism to Health Tourism,Revue de Tourisme, 4.
  • World Health Organization(2016). World Health Statistics 2016: Monitoring health for the SDGs.
  • Global Wellness Institute(2016).
    https://www.globalwellnessinstitute.org/wellness-now-a-372-trillion-global-industry/
  • 平成 27 年度沖縄機能性食品推進モデル事業委託業務報告書
    *ウィキペディア「ウェルネスツーリズム」2018年4月18日WiA Akiによる投稿はこのWebページ著作権者の許可を得て投稿掲載されたものです。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
共同研究・連携先

当プロジェクトでは、150社以上の企業・団体と共同研究・連携をさせていただいております。
企業・団体 関連リンク
共同研究・受託研究
共同研究員募集

大学院生・研究生募集

日本レジャー・レクリエーション学会 第47回学会大会

PAGETOP