旅と健康の科学-次代のヘルスケア産業の創造

ウェルネスとは

  • HOME »
  • ウェルネスとは

ウェルネスとは

ウェルネスとは、健康を身体の側面だけでなくより広義に総合的に捉えた概念で、米国のハルバート・ダン医師が『輝くように生き生きしている状態(1961)』と提唱したのが最初の定義です。
その後、世界中の研究者らがウェルネスの解釈と追定義を重ね、人種、民族、国家、性別、性的指向、宗教、言語の違い、見地からの様々な解釈があります。
また、社会情勢、時代によって人々のライフスタイルと価値観も変容していくなかでその概念も変化しています。

近年の定義には2015年、グローバルウェルネスインスティチュート(Global wellness Institute:GWI)が提唱する「身体的、精神的、そして社会的に健康で安心な状態」があり、日本でも新しい定義として『身体の健康、精神の健康、環境の健康、社会的健康を基盤にして豊かな人生(QOL)をデザインしていく』という新しいウェルネスの定義を私たちは提唱しています。

ウェルネスとはなにか

今、世界中で“ウェルネス”が時代の上位価値として浮上してきています。
ウェルネスとは、健康を身体の側面だけでなくより広義に総合的に捉えた概念で、米国のハルバート・ダン医師が『輝くように生き生きしている状態(1961)』と提唱したのが最初の定義といえます。
その後、これまで多くの研究者らがウェルネスの解釈と追定義を重ねてきましたが、人種、民族、国家、性別、性的指向、宗教、言語をはじめ、様々な見地からの解釈があっていいものです。

ウェルネスとヘルス(健康)の違い

ウェルネスとヘルス(健康)とはどう違うのでしょうか。
ウェルネスとは、「元気」や「爽快」を意味する英語「well」で、「病気」を意味する「illness」とは対照的な言葉です。病気ではない「状態」を「健康」(ヘルス)と表現してきたのが一般的であるのに対し、積極的な健康行動をとること、より良く生きるライフスタイル、豊かな人生を目指している過程こそもウェルネスであり、より広い健康観を表しているものがウェルネスと我々は提唱しています(図1)。

図1.より広い健康観であるウェルネス図1.より広い健康観であるウェルネス

ウェルネスツーリズム~サードプレイスへの旅~
荒川 雅志 著 NPO日本スパ振興協会 編著
フレグランスジャーナル社(2017)より

マズローの欲求階層説を利用してヘルス(健康)とウェルネスの位置づけを説明すれば(図2)、健康への欲求とは、安全と安心の欲求に属する低次の「基盤的な欲求」にあたるものといえます。
一方、ウェルネスとは、基盤的な欲求の要素も包含しつつ、より上位の欲求、「自己実現」の欲求を目指すものといえるでしょう。
先進諸国、成熟社会の多くは、マズローの5段階説でいう低次の欲求はすでに満たされつつあり、高次の欲求である「自己実現」に向かっています。
我々が、人類の自己実現欲求の高まりが、ウェルネスへの欲求と可能性をさらに広げていくことでしょう。

図2.マズローの欲求5段階説におけるヘルスとウェルネスの位置づけ図2.マズローの欲求5段階説におけるヘルスとウェルネスの位置づけ

ウェルネスツーリズム~サードプレイスへの旅~
荒川 雅志 著 NPO日本スパ振興協会 編著
フレグランスジャーナル社(2017)より

成長するウェルネス産業市場

物質的豊かさから精神的豊かさへ、自己実現の欲求に向かっていく人類は、『より健康に、美しく、人生を豊かに彩るライフスタイル、新しい健康観であるウェルネス』の顧客になろうとするでしょう。
健康に対する前向きなビジネスともいえるウェルネス産業はヘルスケア市場を包含し、2015年時点で3兆7,200億ドル(≒372兆円)と極めて巨大となっています(図3)。

図3.ウェルネス産業世界市場規模図3.ウェルネス産業世界市場規模

ウェルネスツーリズム~サードプレイスへの旅~
荒川 雅志 著 NPO日本スパ振興協会 編著
フレグランスジャーナル社(2017)より

ウェルネスという概念で考えると、健康・医療はもちろんのこと、衣・食・住といったライフスタイル産業、さらには経済社会のウェルネス、文化的活動、環境のウェルネスに至るまで、あらゆる分野から参入可能なテーマとなります。
ツーリズム業界でも、世界中の名だたるホテルチェーンが“ウェルネス”を新しいビジネステーマ、ビジネスチャンスと捉え、ウェルネスを前面に打ち出したメニュー開発、サービスを提供しはじめています。
多業種、多職種、異業種の連携、相互交流によるサービスイノベーション創出、ニューマーケット開拓の可能性がウェルネスには広がっているのです。

新しい健康観、新しいウェルネスの定義

ウェルネスとは、社会情勢、時代によって人々のライフスタイルと価値観も変容していくなかでその概念も変化していくものであります。
次代の産業を研究する私たちは、多様な志向層、多様なプレーヤーが参画でき、ウェルネス・ライフスタイルの幕開けにふさわしい「新たなウェルネスの輪郭」を提案したいと考えました。
最初の提唱者ハルバート・ダン以降のたくさんの提唱や、もっとも近年の定義にはグローバルウェルネスインスティチュート(Global wellness Institute:GWI)が提唱する「身体的、精神的、そして社会的に健康で安心な状態」があります。
これらを参考に私たちは、『身体の健康、精神の健康、環境の健康、社会的健康を基盤にして豊かな人生(QOL)をデザインしていく』という、新しいウェルネスの定義を提唱しています。
狭義の健康観に囚われず、医学的診断の結果に一喜一憂することなく、個々の身体的、精神的状態のみでなく、社会的、周辺環境との良好な関係を含めて総合的に捉えること、輝く人生を送るために人生を豊かに彩るライフスタイルを送ること、志向すること、デザインすることがウェルネスであり、新しい健康観であるともいえます。

図4.新しいウェルネスの定義図4.新しいウェルネスの定義

ウェルネスツーリズム~サードプレイスへの旅~
荒川 雅志 著 NPO日本スパ振興協会 編著
フレグランスジャーナル社(2017)より

  • 「身体の健康、精神の健康、環境の健康、社会的健康を基盤に、豊かな人生(QOL)をデザイン志向していく」
  • 「より健康に、美しく、人生を豊かに彩るライフスタイル、新しい健康観」

(荒川, 2017)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
共同研究・連携先

当プロジェクトでは、150社以上の企業・団体と共同研究・連携をさせていただいております。
企業・団体 関連リンク
共同研究・受託研究
共同研究員募集

大学院生・研究生募集

日本レジャー・レクリエーション学会 第47回学会大会

PAGETOP