■指導教員  荒川 雅志 教授      研究者プロフィール

【ゼミ紹介】
ヘルスツーリズム研究ゼミでは、ニューツーリズムの一環に地域活性の観点から全国で取組みが進む健康をテーマとした観光「ヘルスツーリズム」を学びます。健康を切り口とした新しい旅行商品の開発、滞在先の健康プログラム開発などを企業、旅行社、行政、地域との協働でおこないます。ゼミではこれらを実践的学びの場として捉え積極的に関わってもらいながら学生ならではの視点による課題発見や仮説設定のヒントを得て、適切な研究手法の検討と実行、成果物としてまとめます。ゼミ研究は2年次、3年次ではグループワーク、4年次では各人が研究テーマを決めて取り組む個人研究をおこない卒業研究としてまとめます。その成果は研究センター報「ヘルス・ツーリズム研究」に収録され、またウェブサイトを自ら制作して掲載する技術も卒業研究の一環とし、こうして自分の研究という作品が広く社会に認知されていくこととなります。過去グループワークではスパ事業者との共同で「島すぱ」モニターツアー開発、2013年度グループワークは、恩納村谷茶地区の住民への取材をもとにフリーペーパー『谷茶に暮らす』を制作し、発刊に至るまで全てゼミ生の力で成し遂げました。その過程では企画力、執筆力(読ませる記事づくり)、デザイン力(イラストレーターやフォトショップの技術を全員が習得)、営業交渉力(広告協賛金を獲得)など、実社会に出て役立つ能力を養うことができました。
古くは魂の癒しを求める巡礼の旅、古代ローマの療養、江戸の湯治の人移動に由来し、近年では地域活性や次代の行動変容アプローチとも期待される古くも新しい観光形態とその可能性について、共に研究できることを楽しみにしています!

■研究室生(2014年度)

◆所属 ◆氏名 ◆研究テーマ
大学院修了生 山城 美紀 行動変容型旅行を組み込んだ特定保健指導の事例研究
末澤 いずみ 透析患者の旅行参加に関する探索的研究
~多変量ロジスティック回帰分析を用いての検討~
ZHANG BOYANG(張 博洋) 中国人消費者の健康旅行ニーズと選好要因に関する研究
大学院博士前期 加藤 淳一 スクーバダイビングの精神的リラクゼーション効果
喜瀬 真雄 障害者・高齢者MICEの参加者満足度の規定要因
LUOYL(羅依) 来沖縄外国人の沖縄料理のイメージ、嗜好に関する調査研究
SUNYING(孫影)  中国富裕層の観光マーケティング研究
学部4年次 高屋 優
西 晃一郎
川満 旬
饒平名 和子
田中 梢絵
稲葉 めぐみ
嘉永 希美
金城 志寿花
野村ヒロ
岡田 芽衣
平良 あさひ
金城 妃加瑠
森 萌衣
新島 愛
玉城 奈緒子
今城 奈美
手束 康二
学部3年次 大田 姫香理
佐藤 大
石塚 大貴
森 拓海
波多野 友仁
照屋 友輔
束田 祥嘉
山城 飛勇
1期生はこちら 2期生はこちら 3期生はこちら 4期生はこちら 5期生はこちら 6期生はこちら

伊計 大輔
桐山 ゆい
又吉 英利
山城 美紀
山見 沙耶香
芦沢 拓麻
金城 吏希
渡慶次 達矢
中村 梨乃
片山 明子
平川 洋介
中原 恵利華
仲本 有希
宮城 貴充

宮城 結
仲宗根 瑞恵
澤岻紗 也乃
白浜 未姫
仲本 愛
山城 亜耶
國場 夏海
溝添 喜己
白子 万彩
片山 直美
赤井 利江
榎木 美弥子
浦崎 裕乃
田中 裕美

志喜屋 太一
森 悠
松宮 健太
平良 美和子
金城 真麻
小林 佐織
図師 里佳

大津留 有沙
潮平 佳子
冨山 詩織
林 佐友里
比嘉 花奈恵
鈴木 麻里
大野 さくら
又吉 香織

志摩 健人
南 抎撤(ナムウンチョル)
上間 理偉野
大嶺 奈々
島袋 愛梨
玉津 良平
津波 ひかる
照屋 智美
松野下 貴子
山城 理紗
吉安 章恵
手束康二

岸下 竜士
金城 孝
冨名腰 彩乃
神村 悠
新里 萌
冨名腰 愛美
新島 愛
玉城 奈緒子
森 萌衣
今城 奈美
平良 あさひ
岡田 芽衣

■ゼミ生就職先
全日本空輸(ANA)、日本トランスオーシャン航空(JTA)、エアー沖縄、ワタベウェディング、住友林業、株式会社パム、掛川体育協会、オリエンタルヒルズ沖縄、オキナワマリオットリゾート&スパ、テラスホテルズ、フィットネスプロモーション(スポーツクラブジスタス)、豊見城中央病院、トップツアー、エスティーワールド、山善(商社)、テツ・コーポレーション、碧、お菓子のポルシェ、ビィズ・ショコラ、沖縄県庁、沖縄観光コンベンションビューロー、山口県警、沖縄県教育事務所、那覇市役所、山口県周南市役所、JTB沖縄、テラスホテルズ、前田産業ホテルズ、マルハン、あきんどスシロー、ドンキホーテ、ユニバーサルスタジオジャパン、いくた、エステドヒロ、沖縄銀行、琉球銀行、シティバンク、日本マクドナルド、 カトープレジャーグループ(沖縄第一ホテル)、大学院進学(琉球大学大学院観光科学研究科)