第42回日本レジャー・レクリエーション学会(東京、上智大学、2012年11月18日)に沖縄高齢者の余暇活動と健康に関する研究発表を行いました。長寿研究では臨床医学面を中心に、近年では遺伝子解析へと研究が進んでいますが、文化人類学的、社会的調査手法・スケールを用いての研究は数少なく、本研究はこれまで中国、台湾、韓国、米国にて余暇活動制約要因質問紙を使っての調査を長寿地域沖縄に適用した研究取り組みです。

Erwei Dong, Masashi Arakawa, Bob Lee. Leisure Lifestyle and Health in an Aging Village-KitaNakagusuku in Okinawa. 2012