健康的な体をキーワードとしたウェルネスプロジェクト、ワールド・ウェルネス・ビューティ(略称:WWB)主催のイベントが開催されました(銀座東急プラザ6階キリコラウンジ、2019年1月15日~31日)。開催期間中は、ウェルネス・スポーツ・ビューティを軸に世界中で活躍する方々・事業者のイベントやポップアップショップが催され、このなかで「週刊ホテレス」を発行するオータパブリケイションズ運営による「ウェルネス意識の高まりがホテル業界を変える!ウェルネス戦略セミナーin東京」において、当ウェルネス研究分野荒川雅志教授の基調講演が行われました。

主催 ワールドウェルネスビューティー(WWB)
運営 (株)オータパブリケイションズ
協賛 JARC.(株)クレドインターナショナル

概要(週刊ホテレスWebsiteより以下転載)——————————
「ウェルネス」「予防医療」
現在、さまざまな分野のビジネスにおいてこのキーワードが浮上している。

観光ビジネス、とりわけホテル業界においてもこの潮流は顕著になってきており、
メディカルツーリズムや健康を意識したスパプログラムの提案などが目を引く。

今後の旅行市場において注目されているミレニアル世代の取り込みには
「フィットネス」「ウェルネス」が必要と言われている。

また、ますます加速する超高齢社会において、
基幹産業の一つとしても期待されるこのウェルネスについて学ばなければならない。

本セミナーでは、ウェルネスツーリズム研究の第一人者であり、多くのホテルのウェルネスプログラムの監修を行なう、国立大学法人琉球大学教授 荒川雅志 氏による基調講演と、世界最先端のウェルネスの事例や、ホスピタリティ産業におけるウェルネスの可能性、ホテルへのウェルネスプログラムの取り入れ方などをパネルディスカッション形式にてトークセッションを行ないます。

〈コンテンツ〉
ホスピタリティ業界におけるこれからのウェルネスの取り入れ方、事例紹介
ホスピタリティとウェルネスの関連性など

〈プログラム〉
15:30開場
16:00~17:20 基調講演
「ウェルネスコンテンツで誘客を」
国立大学法人琉球大学 国際地域創造学部/観光科学研究科 教授 荒川雅志 氏
17:30~18:30 パネルディスカッション
~パネリスト~
・荒川雅志 氏 国立大学法人琉球大学 国際地域創造学部/観光科学研究科 教授
・川嶋朗 医師 医学博士(近代西洋医学と伝統医療を統合した医療を目指す第一人者)
・岡田友悟 氏(スパ&ウエルネスウィーク代表理事 NPO法人日本スパ振興協会 理事長)
・石井宏子 氏 温泉ビューティ研究家・トラベルジャーナリスト
・山口優美子 氏 コンラッド大阪 Director of Spa
~モデレーター~
㈱オータパブリケイションズ 代表取締役社長 太田 進