新潟県十日町市では飛渡の未来を創る会が中心となり、地域資源を活かした新しい観光としてウェルネスツーリズムに着目、地域おこしの一環としてウェルネスツアー開発に取り組んでいます。当ウェルネス研究分野では依頼を受け、十日町ならではの資源を活かしたウェルネスツーリズムの開発監修およびモニターツアーの効果測定を当ウェルネス研究分野が担当しました。
本モニターツアーは、2015年12月1日よりストレスチェック制度が創設・義務づけられたのを機に、対象は一般も含め
・上司と部下の板挟みでストレスを溜めている管理職
・部下のメンタルヘルス対策に悩みを持っている管理職
などで、従業員の心身の健康を増進しかつ生産性の向上を図り、企業の収益性向上を目指す『健康経営』に高い関心を持つ企業を顧客対象としたウェルネスツーリズムの開発を目指しています。
新潟県十日町市で自然の中でのアクティビティや地元食材にこだわった料理、地域住民との交流などを盛り込んだウェルネスツアーの形が見えてきました。

■モニターツアーによる効果測定結果
◆自覚的精神心理効果の評価:
ツアー実施前後の比較として、ツアー実施後に「癒し」「活力」「やる気」「学び」「感動」のすべての項目でプラスの方向への変化が認められた。ツアープログラム内容によりメンタルヘルスが向上したことを示唆する。
◆不定愁訴の評価:
ツアー実施前後の比較として、ツアー実施後に不定愁訴一人当たり平均個数が減少していることが認められた。ツアープログラム内容により心身の状態が改善したことを示唆する。

■プログラム内容
◆1日目(2017年3月2日)
10:00 オリエンテーション
10:15 メンタルヘルスについて「自律訓練法」
11:15 チームビルディング(かまくら作りまたは雪の穴掘り)※雪の量によって変更あり
12:00 昼食/休憩
14:00 かんじきトレッキング(雪の中をかんじきを履いて歩いて足腰を鍛える)
15:00 縄文体験(国宝の火焔型土器が出土した笹山遺跡にある竪穴式住居で火を囲みながら団欒)
17:00 五右衛門風呂入浴
18:30 懇親会(猟師がとってきた肉も出ます)

◆2日目(2017年3月3日)
6:00 整体(心と身体の両方をケアするためのアプローチ方法を伝授)
7:30 朝食
9:15 ドローン体験(集中・緊張状態をあえて与える体験)※日本ドローンアカデミー協力
12:30 地元食材を使った健康料理教室、出来しだい昼食
14:30 リラクゼーションタイム
15:00 地域からのメッセージ・気付きのシェア
15:30 終了
※交感神経を刺激するプログラム、交感神経を刺激するプログラムの構成
プログラム総監修、エビデンス効果評価実施:琉球大学荒川雅志教授

*写真は全て「飛渡の未来を創る会」より引用