第46回日本レジャーレクリエーション学会全国大会が平成28年11月25日~27日、早稲田大学所沢キャンパスにて開催されました。当研究プラットホームから図師里佳氏が『海洋レジャー健康増進施設内運動量の可視化とサービス応用』と題して発表を行いました。

■学会要旨
海洋レジャーレクリエーションの健康効果について、癒しリラクゼーション効果、運動療法的効果の基礎研究はみられるなか、海の健康利用法であるタラソセラピーの認知度は3割以下であることが明らかになっている。海の健康効果を適切に伝えることで利用意向が高まることも報告され、機能的価値を付与した実商品化へ向けてはその「可視化」が課題と考えられた。そこで、沖縄本島北部に位置する海洋レジャーレクリエーション施設でありアジア最大級の海洋療法施設での健康サービス研究開発として、1)健康効果の可視化を活用したサービスモデルの開発、2)世界初の海水運動活動量・消費カロリー測定器の研究開発、3)活動量・消費カロリー測定器の測定精度の信頼性、健康効果の検証に取り組んでいる。こうしたシステム開発に加え施設利用者へのアンケート調査を実施し、モニタリングシステムの満足度および要改善点を抽出した。
本研究は平成28年度沖縄県ライフスタイルイノベーション創出推進事業の研究開発費を得て実施するものである。

■キーワード: タラソテラピー(海洋療法) 消費カロリー ヘルスツーリズム 次世代ヘルスケア
■発表者(共同連名)
図師 里佳 荒川 雅志[琉球大学大学院観光科学研究科] 金城 直樹 [株式会社カリユシ・カンナタラソラグーナ] 上間 英樹 玉城 佳奈 [株式会社沖縄海洋工機開発]

 図師学会ポスター - コピー