オキナワマリオットリゾート&スパの開業10 周年記念企画として6月2日「バリアフリー旅行セミナー」が開催され、荒川雅志教授が講演しました。オキナワマリオットは2009年に国内のホテルで初めて「バリアフリー化推進功労者大臣表彰」を受け、「バリアフリー新法」の認定を受けたホテルです。10年前の開業時に36室のバリアフリー対応客室を整備したのは国内でも最大規模であったとのことです。
今回の記念セミナーでは、沖縄旅行の新しい価値創出やバリアフリー旅行のサポートスキル向上を目的とした実践セミナー、沖縄観光コンベンションビューロー翁長由佳氏、沖縄県文化観光スポーツ部観光振興課外間一樹氏による沖縄県のバリアフリー政策動向の報告があり、荒川教授からは「沖縄ウェルネスツアー・ヘルスツーリズムの現状とトレンド」と題し、バリアフリーを特別なものでなくウェルネスという誰にでも当てはまる概念でとらえ、多業種、異業種、多職種連携で取り組んでいく新たな視点を提案しました。
一般社団法人バリアフリー旅行ネットワークとの共同開催、障がい児者、高齢者の沖縄バリアフリー旅行支援、レスパイトサービスを提供する一般社団法人ククルの協力により100名を超す参加者で大盛況のうちに終えました。

両面バリアフリー旅行セミナーチラシ-1